スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルシー 鎌倉御成店 病院メディカルアロマ

前回に引き続き、入院での出来事。
入院するにあたり、持参した香りは、
今回は悩まずに、この2つ

「ジャスミン」と「ラベンダー」
SN3G0468_convert_20100208222809.jpg

個室入院ではないので、香りは基本的には禁止のところが
多いのですが、
寝る前に枕元にちょこっとだけ香らせたりあとは、顔のマッサージ時に
使うくらいなら大丈夫かな~
と思って持参。

でもでも、案外、看護師さんや同室の方にも
ラベンダーの香りは嫌がられなかったのです
ラベンダーは、グレードの低いものが出回り、
嫌いな人も多いけれど、
さすが、フレグラントアースwild種(野生種)のラベンダー
万人うけします。

カルチャースクールの生徒さんも、はじめは
ラベンダーが嫌いな人も
多かったのですが、
アロマにはまるほど好きになる香りが、ラベンダーです。

先週のメディカルアロマセラピスト養成講座のレッスンで
生徒さん達と、
「自分が入院するとしたら、どんな香りもっていく?」
と話したところ
「ラベンダー」は、全員一致でした。

そして、今回、私が「ジャスミン」を選んだ理由は、
これは、手術の日向けの1本でした。
普段使いでは、リラックスの時は、
「マジョラム」「かんきつ系
などの香りを好みますが、
強い不安や恐怖の時は、
これらのあたたかみのある香りのブレンドでは、
やや弱いかと思います。

どうしても、とばす香り(表現が下手でごめんなさい)が
効果的です。
私の中では、「ジャスミン」は
お気に入りの香りでもありますが、
普段使いよりは、一気に下から上
に気分をもっていきたい時(これも表現が下手でごめんなさい)
に使います。

手術着に、ジャスミンを数滴つけたら、
「う?強すぎるかな?」と思いましたが、
不安が強かったので、
そんなにその時は感じませんでした。
でも、術後安心し、嗅覚が正常に戻ったのか
病室では自分の香りにむせました(笑)

香りのおかげで術中は安心出来ました


セラピスト 長島

非公開コメント

プロフィール

Chelsea ナチュラルクラフト

Author:Chelsea ナチュラルクラフト
☎0467-22-1573
app@salondechelsea.com

アロマテラピーサロン『Chelsea』で行われる『ナチュラルクラフト』のブログ。

毎月第4水曜日にクラフトトライアルを開催予定。基本は常に初心。手作りへの入り口です♪老若男女どなたでもご参加いただけます。
いい香りに包まれて、ゆったりまったり、おしゃべりしながらの手作りを。

『Chelsea』のアロマ・エクステなどの最新情報、アロマスタッフのブログはブログは『Chelsea』のホームページ内にお引っ越し。
http://salondechelsea.com/

このブログの過去記事はすべてご覧頂けます。

あたらしい記事
カテゴリ
コメント
トラックバック
リンク
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。