スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方小説

たまにはアロマの勉強に全く関係のない
小説でも読みたいな
と思ってはいるのですが

最近久しぶりに買った小説がこれ
「漢方小説」
漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)漢方小説 (集英社文庫 な 45-1)
(2008/01/18)
中島 たい子

商品詳細を見る


中国式リフレクソロジーのレッスンを受けている
先生のブログで見て 即買いです
(やっぱり勉強から離れられない

数年前にすばる文学賞を受賞した小説で
今さらなんですが・・・当時は気がつきませんでした
題名 インパクトありますね

最近リフレなどの勉強を通してほんの少しだけ
中国医学の世界を覗き始めたところ

「漢方医ってどんなことするのかなー」
ひょんなことから漢方医に通う事になった
主人公みのりさんと同じ目線で楽しめました

患者さんが今かかっている病気を 客観的データをもとに
ピンポイントに治療する西洋医学に対して
漢方医は患者さんが訴える症状やその方の体質を重視し
その方の心身を一体のものととらえてはたらきかけていく・・・
アロマテラピーと通ずるところ大です


同じく中島たい子さんの書かれた本
「そろそろくる」
そろそろくる (集英社文庫)そろそろくる (集英社文庫)
(2009/02/20)
中島 たい子

商品詳細を見る


これまたアロマセラピストならニヤリとしてしまいそうな本
そろそろ「くる」、ってなにが? ホラー系のコワいお話かと思いきや・・・
PMSがテーマの小説なんて・・あったんだーっ

排卵日から月経日前の女性に起こる腹痛、腰痛や頭痛、むくみ
またはイライラなど身体的、精神的な症状
その現象や それをPMS(Pre Menstrual Syndrome 月経前症候群)
と言うのだ、ということは実体験をもって知っていましたが・・・

アロマテラピーの勉強 ケーススタディの例題として
PMSがなんとよく出てきたことか
ホルモンバランスを整えたり鎮痛効果のある精油を使ったり、
トリートメントでむくみや痛みを軽減したり
また イライラや不快な症状によるストレスの緩和のためにも
アロマテラピーは助けになるというわけです

中島たい子さん、目の付けどころがなかなかセラピスト向きであります

セラピスト 文野


サロンご予約は
0467-22-1573
メールはこちらへ
app@salondechelsea.com

chelmap.jpg

非公開コメント

プロフィール

Chelsea ナチュラルクラフト

Author:Chelsea ナチュラルクラフト
☎0467-22-1573
app@salondechelsea.com

アロマテラピーサロン『Chelsea』で行われる『ナチュラルクラフト』のブログ。

毎月第4水曜日にクラフトトライアルを開催予定。基本は常に初心。手作りへの入り口です♪老若男女どなたでもご参加いただけます。
いい香りに包まれて、ゆったりまったり、おしゃべりしながらの手作りを。

『Chelsea』のアロマ・エクステなどの最新情報、アロマスタッフのブログはブログは『Chelsea』のホームページ内にお引っ越し。
http://salondechelsea.com/

このブログの過去記事はすべてご覧頂けます。

あたらしい記事
カテゴリ
コメント
トラックバック
リンク
検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。